公開日: |更新日:

シュバイツァスタインの中古ピアノ

ドイツの流れを汲み、美しい音色を奏でると高い評価を受けているシュバイツァスタインのピアノ。このページでは、どのような特徴を持つピアノなのかといった点に加えて、中古販売事例についてまとめています。

シュバイツァスタインのピアノの特徴

ドイツ正統派の流れを受け継いだピアノ

シュバイツァスタインは、ドイツのピアノを研究するところから生み出された国産のピアノです。そのため、このピアノにはドイツのピアノ技術が取り入れられている点が大きな特徴です。さらに、使用しているパーツにも非常にこだわっています。ドイツ製のパーツはもちろん、そのほかのパーツも厳選した質の高い部品を使用している点もポイントとなっています。国産で高い品質のピアノを探している方にはオススメのピアノといえるでしょう。
また、本格的な手作りピアノであるにもかかわらず、基本設定においては大量に生産されたピアノとあまり変わらない価格で販売されている点も特徴のひとつです。

熟練の技術者により生み出される

こちらのピアノは、演奏者の繊細なタッチを拾ってくれるという点でも高く評価されているピアノ。これは、熟練の技術者による手工芸的な作業によって丁寧に生み出されているため。ピアノ1台にもさまざまな技術が取り入れられており、例えば響板には「山本DS響板」と呼ばれるものを使用しており、美しい響きのある音色を奏でられる点についても、高い評価を受けています。

アルバート・シュバイツァ博士による名付け

この「シュバイツァスタイン」とは、ノーベル平和賞を受賞した外科医のアルバート・シュバイツァ博士によって名付けられました。シュバイツァ博士は、外科医であるとともにバッハの研究者でもあり、パイプオルガンの第一人者でもあったという人物。日本に優れたピアノがある、ということを耳にしたことがきっかけで、シュバイツァスタインという名前をつけたのだそうです。

シュバイツァスタイン の中古販売事例

熟練の技術者が丁寧に作り上げるシュバイツァスタインのピアノ。ここでは、シュバイツァスタインの「SU150S」の中古販売例についてまとめています。

シュバイツァスタイン の中古販売事例 引用元GrandGallery(https://www.grandg.com/ggblog/piano_tag/schweizerstein/)

CHWEIZERSTEIN SU150S

  • 製造年:1983年
  • カラー:マホガニー/艶出し塗装
  • サイズ:高さ131cm 幅153cm 奥行66cm

大型サイズならではの、豊かで迫力のある音色が魅力です。また、ワインレッド調の目を引く美しさを持つ外装も特徴。ドイツ製のハンマーなどのパーツが採用されています。

買い物上手のママ必見!首都圏内で
取り扱いブランドの多い
中古ピアノ販売店
昭和楽器
国内ブランド 海外ブランド
36種類 17種類

展示台数:100台ほど

グランドギャラリー
国内ブランド 海外ブランド
8種類 4種類

展示台数:40台ほど

日本ピアノギャラリー
国内ブランド 海外ブランド
5種類 8種類

展示台数:10台ほど