公開日: |更新日:

アール・ウィンザーの中古ピアノ

こちらの記事では、かつて静岡県浜松市で生産されていたアール・ウィンザーというピアノについて紹介していきます。こちらのピアノの特徴や中古販売事例についてまとめていますので、中古ピアノの購入を検討されている方はぜひ参考にして下さい。

アール・ウィンザーのピアノの特徴

フローラピアノ株式会社により作られていたピアノ

アール・ウィンザーは、かつて静岡県浜松市にあった「フローラピアノ株式会社」によって製造されていたピアノです。フローラピアノ株式会社は残念ながらすでに廃業していることから現在は製造されていませんが、今でも多くの人が同社のピアノを愛用しているようです。新品は出回っていないことから、アールウィンザーを弾いてみたいと考えている方は中古市場を探すことになります。

非常に丁寧なつくりが特徴

フローラピアノ社では、ドイツから部品を輸入して製造を行なっていた点が大きな特徴となっています。例えばドイツ製のレスロー弦やレンナーハンマーフェルトが使用されている点がポイント。さらに、音響特性に優れているといわれる木材「スプルース」が用いられている点も同社のピアノの特徴となっています。

しっかり調律を行うことで美しい音色を楽しめる

アール・ウィンザーの特徴として挙げられるのが、「調律師の腕により音の良し悪しが左右される」という点です。上記で紹介した通り、部材にも非常にこだわって作られているピアノであることから、しっかりと調律が行われることにより美しい音色を楽しむことができるとされています。調律の作業には気を使うピアノともいわれていることから、実際にアール・ウィンザーを手に入れて調律を行う際には、これまでさまざまなピアノの調律を経験してきた調律師に依頼することがおすすめです。

アール・ウィンザーの中古販売事例

アール・ウィンザーは美しい外観とともに内部に使用している部材にも非常にこだわっているピアノ。ここでは、アール・ウィンザーの中から「W-115」というピアノについて紹介します。

アール・ウィンザー 画像引用元:たくみ工房(https://piano-takumikoubou.com/piano/1882/)

アール・ウィンザー W-115

  • 製造年:1983年
  • カラー:ウォルナット鏡面仕上げ
  • サイズ:高さ132cm×幅154cm×奥67cm
  • ウォルナットの木目が非常に美しい、アール・ウィンザーW-115。こちらのピアノは外装はもちろん、内部素材にもこだわって製造されている点が大きな特徴。レンナー製のハンマーやレスローワイヤーが使用されている点がポイントとなっています。

買い物上手のママ必見!首都圏内で
取り扱いブランドの多い
中古ピアノ販売店
昭和楽器
国内ブランド 海外ブランド
36種類 17種類

展示台数:100台ほど

グランドギャラリー
国内ブランド 海外ブランド
8種類 4種類

展示台数:40台ほど

日本ピアノギャラリー
国内ブランド 海外ブランド
5種類 8種類

展示台数:10台ほど