品質の良い中古ピアノを納得価格で手に入れるためのサイト

グランドピアノ

ここではグランドピアノの中古・新品価格を調査してみました。また、グランドピアノの特徴についてもご説明いたします。

中古・新品のグランドピアノの平均価格

※海外メーカーの状態が良いものは、さらに高価な場合が多いですので、あくまで参考までにご覧ください。

ブランド名 中古価格 新品価格
スタインウェイ 600万円~ 1,000万円
ベーゼンドルファー 600万円~ 1,100万円
ヤマハ 70~150万円 180~250万円
カワイ 50~100万円 180~250万円
アポロ 70~100万円

憧れのグランドピアノの中古価格グランドピアノというと、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインという世界3大ピアノを思い浮かべる人が多いでしょう。

どのメーカーの中古ピアノも、国内のヤマハやカワイに比べると圧倒的に生産台数が少なく、ほとんど出回りません。さらに世界中に愛好家がいるため非常に高価です。中古でも10倍近くの価格となります。

さらに、海外ブランドの中古ピアノの場合、元の所有者が弾き込んでいることが多く、メンテナンスが必要になります。純正部品の値段もまた非常に高価なため初期費用だけでなくランニングコストも高くなりそうです。

国内ブランドでは、やはりヤマハが一番生産量が多く、品質に安定感があります。価格も新品のアップライト同等と、比較的手を出しやすい印象があります。国内生産していた時代のものであれば、状態が良いことが多いようです。

カワイもグランドピアノに力をいれていますし、中古であれば以前はヤマハ、カワイとシェア争いをしたアポロというメーカーも選択肢の1つです。

グランドピアノってどんなもの?

グランドピアノは横に弦が張ってあります。弦を叩くハンマーは叩いた後に自分の重さで戻るしくみで、弦が長くなるほど奥行が長くなります。この横に寝ている構造のため、ピアノそのものが大きくなり、タッチも重くなります。

グランドピアノの最大の特徴は音の大きさです。「グランドピアノがアップライトピアノより音色、タッチなどすべてが勝っている」という意見がありますが、それは間違いです。グランドピアノをコンサートで使用する理由は、フォルテもピアニシモもコンサートホールの隅まで届かせるためであり、グランドピアノ>アップライトピアノではないのです。

グランドピアノ購入の大前提は、自宅にきちんと音色を響かせるだけの広いスペースがあることです。その上で、良質な材木が使われており、メンテナンスがしっかりできることをポイントに選びましょう。

ちなみに、グランドピアノのタッチは非常に重いため、長時間の練習をする際は体力が必要なことも考慮しましょう。