品質の良い中古ピアノを納得価格で手に入れるためのサイト

海外メーカー

ピアノを弾く人なら、誰もが一度は憧れる、海外の人気メーカー製のピアノ。ここではそんな憧れのピアノメーカーについて調べてみました。

ピアノの新品・中古価格の相場 海外メーカー編

海外ピアノメーカーでも、中古品なら価格も安い…?と考えがちなのですが、なかなか難しいのが実情のようです。しっかりと弾き込まれているピアノは、すでに調律や修理しても、良い音が戻らない状態のものが多いです。反対に状態の良いものはアンティークの名品として新品以上の価値があると判断され、高値で取引される場合も少なくありません。

具体的な価格差も記載していますので、チェックしてみてくださいね。

3大メーカーNO,1 スタインウェイ

 ピアノといったらスタインウェイ1853年にアメリカ・ニューヨークで設立されたのがスタインウェイです。ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーと並んで、世界のピアノメーカー御三家と呼ばれています。

スタインウェイは、「アメリカによくある数千人を収用できる多目的ホールでの使用」を念頭においた設計です。

ピアノ業界では初めて音響工学を設計に初めて取り入れており、厚くしっかりしたボディとその反射音によって、メロディアスでうたうような音色を出すのが特徴です。

スタインウェイは現在2カ所で製造されており、伝統的な製造のニューヨーク・スタインウェイと近代化された工場で作られたハンブルク・スタインウェイがあります。日本に入ってくるスタインウェイのほとんどはこのハンブルク製です。

主なシリーズと価格

  • S155シリーズ:新品930万円~
  • O180シリーズ:新品1,050万円~
  • Bシリーズ:中古700万円~

3大メーカーNO,2 ベーゼンドルファー

1828年、オーストリア・ウィーンで創業。ヨーロッパ王室の御用達となったことで、セレブリティの愛好家が増えていきます。

ベーゼンドルファーのピアノはフランツ・リストの激しい演奏に耐え抜いたことでも知られており、ボディと響板に同じスプルース材を用い、響きやすくしているのが特徴で、多くのピアニストや作曲家が愛用しています。

度々の経営難に悩まされ、2002年にオーストリアの銀行グループである BAWAG P.S.K. が経営権を取得するものの、2007年再び経営難に陥り、2008年にヤマハの子会社となりました。

主なシリーズと価格

  • 170シリーズ:新品750万円~
  • 200シリーズ:新品1,000万円~
  • 170シリーズ:中古490万円~

3大メーカーNO,3 ベヒシュタイン

1853年、カール・ベヒシュタインによってベルリンで創業されたベヒシュタイン。「ピアノのストラディバリウス」と呼ばれ、ドビュッシーは「ピアノ音楽はベヒシュタインのためだけに書かれるべきだ」と言う言葉を残している、世界三大名ブランドのひとつです。

クラシックだけでなく、チック・コリアなどジャズピアニストにも度々使用されているのも大きな特徴。響板の響きを重視し、ヨーロッパの音響の良いホールでの使用を意識されて作られています。

ヨーロッパのメーカーの中ではアップライトピアノの製造が多いのも特徴のひとつで、世界トップクラスの評価を受けています。

主なシリーズと価格

  • A3シリーズ(アップライト) 新品 175万円
  • L167シリーズ 新品 795万円
  • 12Bシリーズ 中古 150万円 

注目NO,1 ペトロフピアノ

創業1864年。チェコで生まれたペトロフピアノは、世界的な巨匠ミケランジェロなどにも愛用され、多くの音楽愛好家たちに愛されいます。

美しい外装材はもちろんのこと、ピアノの心臓部ともいえる響板などにも最高級の材料を用い、ヨーロッパの伝統技術で一台一台、丁寧に造られており、優美で甘い音色が特徴です。

いわゆる世界三大ブランドに比べて値段が手頃で、かつヨーロッパ製ということもあり、現在は日本国内でも人気を博しているメーカーのひとつです。

ただし、日本では名前が知られて久しいため、ほぼ中古ピアノが出回らないため、新品購入がオススメです。

主なシリーズと価格

  • アップライトピアノ:新品120万円
  • グランドピアノ:新品300万円